落ち着いた雰囲気で始まります

弥富中学校では8:25~35に朝読書を行っています。

校内には先生・生徒を含めて600人を超える人がいるにも関わらず、聞こえてくるのはスズメの鳴き声くらいです。

まさに静寂・・・

毎日落ち着いた雰囲気で1日がスタートしています。

2年学年だより(4月4日発行)

2年学年だより(4月4日発行)

朝礼(4月8日)

一週間が始まりました。今年度最初の朝礼では、2,3年生はこれまでの経験を生かしてスムーズに、1年生は先生の指示を聞いて静かに入場、整列し、厳粛な雰囲気で始めることができました。

生徒会役員、委員会委員長の認証式では、これから学校を引っ張っていくリーダーたちの覚悟が伝わってきました。

~校長先生のお話から~

中学校時代に爆発的に伸びる生徒は、

「素直に受け入れる」

「言い訳をしない」

「困難から逃げ出さない」生徒である。

どれも生まれもった才能ではない。

意識して生活し、成長しよう!

新年度スタート

 

4月4日(木)暖かい春の日差しの下、平成31年度入学式・始業式が行われました。新しい制服に身を包んだ新1年生201名を迎え、総勢591名の新生弥富中がスタートしました。

  

「当たり前のことをぼんやりせずにちゃんとやること」

「いじめのない弥富中学校にすること」

「くじけそうになったときは、家族や友達、先生に相談して、一歩一歩前進すること」

591名全員が常に意識して行動し、よりよい弥富中学校になること期待します。

主役交代(3月29日)

3月最後の平日。穏やかな暖かい日になりました。昇降口のタイルの敷き直し工事も終わり、子どもたちが4月にそこを通る準備も整いました。
正門に目を向けると、卒業式頃から弥富中を彩ってきた「河津桜」がその花びらを落とし、葉桜へと姿を変えました。一方で、その河津桜の手前と奥に一本ずつある「ソメイヨシノ」が、かたかったつぼみをふくらませ、ひと花ふた花と咲き始めました。河津桜の花は濃いピンク色でしたが、ソメイヨシノはそれよりも白に近く、ほんのり淡いピンク色をしています。
自信に満ちあふれた3年生が河津桜なら、初々しさが残る新3年生、新2年生、そして新入生がソメイヨシノでしょうか。季節の移ろいとともに木々が主役を交代するように、学校も主役交代の時期を迎えます。
子どもたちだけではなく、教職員もこの年度末の人事異動で多少の入れ替わりがあります。今日もいくつもの段ボールを運び出す姿がありました。詳しくは明日の新聞発表をご覧ください。

最後になりましたが、今年一年、弥富中学校に多くのご支援、ご協力をいただき、誠にありがとうございました。4月からの新しい年度も変わらぬお力添えを、子どもたちのためによろしくお願いします。