2年学年だより(4月17日発行)

2年学年だより

先輩の姿を見て(4月10日)


「おはよ〜う!」
「おはようございます」
さわやかなあいさつを交わしながら、自転車が校門に吸い込まれていきます。例年この時期は、まだ緊張感があるのか、あまり元気のよいあいさつが聞かれないことが多いのですが、今年はさわやかな声が返ってきます。
あいさつだけではありません。自転車の乗り方もわりとよいように思います。今朝も、学校の東の交差点に立っていたら、ご覧のように歩道の車道寄りをきちんと走っていました。「今年の1年生は優秀だ」と思いました。と同時に、昨日の朝礼を思い出しました。朝礼で、生徒指導担当の先生が、
「今年になって初めての朝礼ですが、よくできたと思います。それは、2年生、3年生がいいお手本を見せてからているからです。ありがとう」
と話していました。
そうなんです。登校も、いつもの年は、1年生は朝部活が始まらないので通常の時刻、2、3年生は7時半に間に合うような時刻ですから、一緒にならないのです。4月の朝部活がなくなったおかげで、先輩たちのよい面を間近で見ることができ、いいスタートを切りました。

地区別会議(4月9日)

今日の5時間目は「地区別会議」です。小学校では通学団会議と呼ばれているもので、登下校を通学団単位で行う小学校ではとても重要な組織で、毎学期行われます。しかし、中学校でこれを行っているところは少ないのではないでしょうか。弥富中も回数こそ年にこの1回だけですが、通学路の確認と交通ルールの確認をするとともに、「危険な場所を知る」という大切な活動を行っています。その時に活用しているのが、「ハザードマップ」です。昨年度のPTA生活委員会の方々が現場を確認しながら作ってくださっているとても貴重なものです。車で走ることの多い私たちも気づかないような細い路地の危険箇所など、子どもたち目線で編集されています。
全員がそれを手にし、時には印をつけながら通学路や危険な場所の確認をしました。事故のない年にしたと願うばかりです。

気づかないほど(4月6日)

昨日、家に帰ってきたお子さんの第一声はどうでしたか。またその表情はどうだったでしょうか。
「□組だったよ!」
「△△ちゃんと一緒だったよ!」
と笑顔で話してくれていればよいのですが、そんな100点満点のクラス編成、担任配置はできません。慣れたり受け入れたりするにはもう少し時間が必要かもしれませんが、ご家庭でのお子さんの様子を注意深く見ていただけたらと思います。そして、何か気になる様子があれば、早めに担任や主任にご相談いただければと思います。
そんな新年度二日目の今日は、どこの学年も学年集会を行いました。学年としてのスタートであると同時に、さまざまな約束事なども確認しました。注目したのは、その移動です。一番早く教室を出たのは3年生でした。それには理由があり、下駄箱から一番近い1階で生活するということで、1階特有の約束事を確認するためです。ですから、まずコミュニケーションホールに並びました。その頭上、2階を2年生が通って柔道場へ行くわけですが、互いの存在にまったく気づかないほど、静かに移動できました。もちろんその後の学年集会でも、しっかりと話を聞くことができました。よいスタートを切れたと思います。

2年学年だより(4月5日発行)

2年学年だより(4月号)